気晴らし書き散らし。
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05/13
2007 Sun
めぞん一刻
「ビッグコミック・スピリッツ」を、
定期購読していた女子中学生(爆)だったので、
リアルタイムで連載(1980~87年)を読んでました。

「めぞん一刻」は、過去にも映画化(1986年)されていて、
こっちはダメダメでしたね~原作の設定だけ借りて、
キモイ哲学観念的自己満映画に成り下がってた。
まぁ、あの時代の日本映画の典型的な悪例でしょうね。

映画版でも今回のTV版でも、見ていて痛~く感じるのは、
高橋留美子のあのマンガの独特なテンポを再現する難しさ。

マンガの紙面を忠実に再現しろと言っているわけじゃない。
映像という手法を用いるなら、いっそ別物を作る覚悟で、
実写ならではの「めぞん」のテンポを見せて欲しいんだよな。

今回のTV版はそれでも、まぁ頑張った方だと思う。
一刻館…はミニチュアみたいだったけど(笑)、
部屋の中も構造的にかなり細かく再現されていて感心感心(^^)。
PiyoPiyoエプロンに藁箒は必須ですが、朱美さんのスケスケといい、
響子さんや五代くんの衣装がいかにも80年代、
というより、マンガの持ってるムードの醸し出し方が抜群で、
良いお仕事されてます~~。(スタイリストは宮本まさ江さん)
響子さんの髪型も原作まんまで、ほとんどマニアの域(笑)。
そーゆーとこは観ていてホント楽しかった&懐かしかった。

大道具、小道具、衣装、ヘアメイク。
周りがこれだけ研究し尽くして頑張ってるというのに、
演出の方々にとっては、
特に何の思い入れもない御仕事の一つだったようです。

何度も言いますが、
完全なる原作再現をして欲しいわけじゃないの。
でもマンガのコマ割りの方がよほど動的だよ~?
…と思わせる隙を与えちゃイカンでしょ…映像がさ…。

特に響子さんが未亡人だと判明する大事なシーン、
あれは五代くんにとってはもちろん、視聴者にとっても、
一応‘衝撃’のシーンなわけで。
なのに何の緊張感もなく流れ去った…いいんかぃ…。

新しいものを作る気概もなければ、原作も読み込み不足。
作り手の一部の人たちの突出した思いは伝わってくるだけに、
なんとも、ちょっと、もったいない結果でしたね…。

そうそう、俳優さんたちも頑張っていたのよーーー。
続編で(確実に狙った作り)リトライして欲しいものです。
映画版もキャストは悪くなかったのよね。
石黒賢ちゃんの五代くんはイメージは合ってたけど、
ただあの頃の彼は下手すぎた…(^^;

響子さん…伊藤美咲、石原真理子、どっちもイケます。
五代くん…中林大樹(新人)「好きじゃぁー」よく出来ました。
一ノ瀬さん…岸本加代子でも悪くないけど体型は藤田弓子で。
四谷さん…岸辺一徳も伊武雅刀も愛しいです。でも勉強は教えないしょ。
朱美さん…よほど日本の女優には適役がいないと見た。もっと大味な女がよい。
坂本…わははーよく似せてきたものだ(笑)。
ゆかりばーちゃん…へ。こんなに早く出てきてたっけ@

岡田惠和まで引っ張り出して脚本書かせた割には、
ほとんど原作の展開のままになっていたのは意外でした。
でも五代くんの妄想とか、モノローグはかなりカットしてたな。
その代わりの岡田節(オリジナルのセリフ)。

響子「恋はしません。もう一生分しましたから」
五代「恋をしないなんて言わないで。また恋をして下さい」


あと「一目惚れ」も強調していたな…岡田氏。
「めぞん」の世界で「恋だ愛だ」を強調するような持って行き方は、
私の趣味ではない。<<別に誰も聞いてないから!
原作の五代くんのモノローグ↓の方がよほど素敵なんだけどな~~~っ。

五代「死人は無敵だ。彼女の中でどんどん理想像が大きくなっていく」

主題歌がユーミンの「守ってあげたい」。
これまたぐっど選曲(^^)!

「めぞん一刻」の展開って、物語当初のハタチ前後の五代くんは、
ひたすら「管理人さんとやりてー☆」妄想キングなので(笑)、
響子さんの方が五代くんを「守ってあげたい」感じで進んでいく。

でも物語後半になるにつれ、五代くん自身も成長していって、
響子さんという女性そのものを「守ってあげたい」と思うようになる。
でもそこはダメンズ五代くんなので、結局心配のかけ通し。
相変わらず彼を「守ってあげたい」響子さん、でしたね。

原作、この歳で読むとまた感じ方が違うかもしれないなぁ。
スポンサーサイト
copylight © Eternal Sunshine. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。