気晴らし書き散らし。
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07/08
2006 Sat
三番叟 其の二
2.野村萬斎&市川染五郎の「二人三番叟」

2005年10月新橋演舞場「三響会」での演目を、
つい先日、ETV「芸能花舞台」で放映していたのを運良く拝見~♪!
スゴイ顔合わせだねぇぇ。またやらないかな。無理だろな凹。

舞台を二分割して左下手は狂言の「三番叟」、右上手に歌舞伎の「三番叟」。
狂言と歌舞伎の一風変わったジャムセッションといった「二人三番叟」。
こうしてテレビで並べて見比べてみると、
狂言と歌舞伎の違いが実によくわかりますねぇ。

母が言うには「袴の付け方からして違う」と。た、確かに(@_@)。
萬斎さん(狂言)は腰高でくるぶしまで見えるけど、
染五郎さん(歌舞伎)は腰下低めで足首は見えない。

そして狂言の舞は直線&鋭角的で男性的。歌舞伎は流線的な円形の柔らかい動き。
狂言の方がシャープでキレがよく、歌舞伎は滑らかで流れがあるのね。
なーるほど!ザ☆古典芸能。<古。

二人とも舞装束は付けずにシンプルな紋付袴姿。
身体の繊細な動きは確かにたいへん観易いのでございますが、、、
これだと文字通り。

「無い袖は振れない」(-_-)。。

装束の袖が空を華やかに舞う効果がないのは寂しすぎる~~~っ(涙)。。
当代随一の人気役者の顔合わせが、また叶うとは考えにくいけど、
ふたたび「二人三番叟」を企画する機会がありしまたら、
そのへん御一考を。
スポンサーサイト
copylight © Eternal Sunshine. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。