気晴らし書き散らし。
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05/07
2007 Mon
「双頭の鷲」

「あなたが私を殺さないのなら、私があなたを殺します」


只今ハマっております。戯曲が欲しーーーいっっっ。
「ジャン・コクトー全集」にしか入ってないのかしら。
でもこれ↑古書でもお高い¥でござるよ(泣)。

きっかけは美輪さまの舞台(ただいま全国巡演中)でしたが、
正直こちらはイマイチ(ー_ー)ワダエミさんの衣装でもイマイチ。

期待ハズレでがっくりきて思い出したのが、
1994年上演のT.P.T.プロデュースの「双頭の鷲」
古~いVHSテープを掘り起こして見直してみたら、
欲求不満が吹っ飛んだ!素晴らしかった!!!
美輪さまではちぃーとも泣けなかったのに、
こちら【麻実れい&堤真一版】では涙なしでは観れなかったよ(T_T)。

私の一生の不覚は、デヴィッド・ルヴォーが演出していたときの、
T.P.T.の舞台を((生では))一回も観ていないことだ……。。
くそぉぉぉぉ~~………

正直、私は舞台演劇が(今でも)苦手でございます。
でもルヴォー演出の舞台は、魂レベルで敬愛しています。
「舞台演出家」の力を知ったのは、彼の仕事からだな。
舞台観どころか人生観が変わるほどの衝撃を受けたのは、
ルヴォー演出&イプセン作の「ヘッダ・ガブラー」(佐藤オリエ主演)。

「双頭の鷲」も、その頃確かに一緒に観たけど、
麻実れいがぎゃーぎゃー叫んでいた印象しかなくて(失礼;、
作品の奥深さまでは理解できなかった少女(←サバ読みすぎ)
のワタシでありました~……<遠い目

かつて通り過ぎた小説や映画や舞台って、
自分がその作品世界を理解し得るだけの経験や年齢を経て、
その作品に戻って行くというか、
実際は追いついたということなんだろうけれど、
突然‘再会’できる至福の瞬間がやってくることが、ある。

***

未亡人のまま飼い殺しにされて「死」を渇望していた女王。
嵐の夜に女王を暗殺しに部屋に飛び込んできた若い革命家。
互いの「死」を賭して出会い、「生」を剥き出しにし合い、
たった3日間で全人生を瞬間燃焼させてしまった運命の恋!
なんて、なんて、演劇的なのでしょう~~~素敵素敵。


女王「卑怯者…!私を殺すはずだったのに、殺してくれなかった」

青年「昨日話していたように話して。今朝話していたように。
   僕を愛している?」



堤真一演じる青年が、痛ましいほど切なく王妃の愛情を哀願する
このときの台詞↑が、怖いほど上手いのよ。
対峙する王妃はというと、
青年の裏切りに激怒しながらも自制しなければならない。
威厳やプライド、哀しみも熱愛も絶望も苦悩も一緒くたに、
青年にぶつけなければならない難局の場面ですが、
麻実れいの演技解釈もこれまた完璧。

ルヴォー演出の、この三幕の二人のセリフの応酬は圧巻です。
ひとつひとつのセリフのトーン、声色、表情、やり取りの間合い、
すべて計算され尽くされていることが、
いま観ると、本っっ当ーーーーに!!よくわかる。

(以下ネタバレ。読みたい人だけ反転どうぞ)


女王「許して。あなたを怒らせなければならなかったの。
   でないと、刺して下さらなかったでしょう…?



見事な階段落ち。
これぞ演劇、ブラボー!!
スポンサーサイト
copylight © Eternal Sunshine. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。