気晴らし書き散らし。
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12/29
2006 Fri
王者が生まれた
大ちゃん、今日は3Aが2Aに見えたよ~~@
我ながらこんなに感動すると思わなかった。泣きましたよ……。。。
これまで、どれだけ、こんな高橋大輔を思い描いてきたことか。
彼のスケートを貴く思う人なら誰もが長い間 願ってきたこと。
ましてやファンの方々の感慨は如何ばかりか。

自信だとか最早そういうレベルでなく、風格とか貫禄とかオーラ。
いつの間にそんなものを身に纏うようになったのでしょう。
もう‘ちゃん’付けも卒業かしらねー…。

カン様、お袖が岳斗先生に見えました(笑)。
終盤の3連続でテレビ前で雄叫び上げてしまいましたよ。
最後の?全日本で、これだけの演技を氷上に刻んだ京大院生、
決して忘れは致しませぬぞ。

南里くんに個人的にベストステップ賞を差し上げたい。(大ちゃんは大賞)
ジャンプ以外の要素でここ数年こんなに目覚しく変貌した人はいない。
まさに全日本の表彰台(放映ナシかっ※)級の努力と克服の賜物でしょう。

地上波組の私にとって全日本はこの3人でした。
はぁぁぁぁぁぁぁぁ…凄い闘いだった。。。
それも女子じゃなくて男子だよ?笑

そして高橋先輩を心底脅かせるとしたらやっぱりそれは織田くん。
ヒマでイジワルなねーちゃんは二人の丁々発止をまだまだ観たいのよ。

で、樹くんは一体どこにいるのだ?? おぉーそこか。
無良くんとそっくり入れ替わってしまったわけね(^^;
シニアのおにーさん達の胸を借りて学んだコトが、
世界ジュニアで生きるといいな(祈)。
スポンサーサイト
12/27
2006 Wed
始まりましたね全日本
今年はどっっぷり仕事です。地上波放映前です。

たっきー(町田樹くん)7位~~~(^^)!♪!
すごっっ!!えらいっっ!!

南里くん、頑張ったなー。
カン様、素晴らしき花道への第一歩。
健ちゃん、まぁ最終組で良かったこと(汗)。

第3グループ。
田村拓くんが入ってますよ(嬉)!<3A降りたか?
北垣くんも入りましたー♪<二人ともCSやらBSで観られるかしら?
ひゃー12位まで西の選手ばっかだ…。。

【地上波鑑賞】

オープニングの映像が良いな(^^)海外映像ぽくなってきた(笑)。
しかも~たっきーの凛々しいアップで締め♪

…試合が始まってみると。
それはそれは凄絶な緊張感が伝わってきますよ………。
この観客席の張り詰めた空気感。
心技体磨き抜かれて澄みきった表情の選手達たち。

これぞ全日本。

カン様の「ボレロ」。3A!ほれほれ加点加点!!トランジッションが素敵素敵!
バナー、昨年は雪だるまでしたが、
今年はファントムの薔薇を背負ってますのね(^^)。

大ちゃんのトリプルがダブルに見えましたよ。。。
なんて、なんて、軽やかなのでせう。
こんなにも安定する日が、本当に現実に来るとは~~っ(感慨)。
氷の女神の寵愛をいまイチバンに受けている気がする。

こづくんのSPが今季の男子SPの中で一番好きかもしれない。
出だし、ジャッジに目で挑発出来る様になりましたね~ドキドキ。
その後また目線がすぐ下に行っちゃうんだけどオィ(苦笑)。
なんか点の出方が‘全日本’(笑)。

健ちゃん。なんか顔つき変わった???
テレビだと苦悶の表情が直に迫ってきますね~うっとり。
フリーでリベンジ頼みます。

織田ちゃんも緊張していましたね~…。
彼の頑張りがきちんと報われるような滑りを、
これから毎回願うんだろうな私は。

(つづく)
12/25
2006 Mon
今宵も私とNHK
六平太(=香川照之)観たさに結局観ちゃったよ「功名が辻」総集編。
そして!!!来春からは「風林火山」ですよ!!!!!!
亀ちゃんがお茶の間に受け入れられるかどうかが心配です!!!
いや、亀ちゃん本体は絶対大丈夫なんだ。 問題は脚本の方なのよ~…。
大事なTVデビュー、作品自体が大ハズレだったら一体どうしてくれる………( ̄_ ̄)

今日こそは早く寝るんだと決め込んだ夜に限ってやってるんだよな~。
「着信御礼!ケータイ大喜利」。 大喜利も楽しいけど、
なんといっても板尾創路さんが素敵♪♪♪(目がハート)。

昨夜の「今日の料理」はグッチ裕三さんのレシピの集中再放送。
歌って踊って笑かしてくれて、しかも旨い料理を作ってくれる。男として最高だ。
「江戸川サリバンショー」の完全版DVD、出してくれないかなーNHK。
「ハッチポッチステーション」の再放送を追いかけて、
ちまちま かき集めた自主制作盤は持ってるんだけどさ(←濃すぎ爆)。

いまやってるレギュラー枠で一番楽しみにしているのは、
「ドキュメント72時間」。 これまでで出色だったのは、
「東京駅高速バスターミナル篇」と「東名高速足柄パーキングエリア篇」。
「新宿東口献血所」もなかなか良かった。あぁ…でも見逃しているのも多い…。
これだけ低予算で、まるごとホンモノの人間ドラマが可能なんて。
見ず知らずの通りかかりの人々がこんなにも切なく愛しいなんて。
この卓越した企画力、リアルなドラマにはホント叶わない。悔しいなぁ。

あと、「プロフェッショナル 仕事の流儀」 ね。
こっちはDVDが出ているので、見逃しても安心だ。<買わないけど。
これまで個人的に一番印象に残っているプロフェッショナルは、
進藤奈邦子さん(WHO世界保健機関メディカルオフィサー)だなぁ。本当にカッコイイ。
でもこの↑インタ読むと、いやはや「政治の世界」なのねー…。

そして「Nスペ」の「ワーキングプア」シリーズ。
この現状を自覚せずして、これからの日本で生きるのは危険すぎる。
そしてこの流れは絶対に止まらない。
「自助努力」はアタリマエと私も掲げて生きてきたつもりだけど、
この言葉の持つ冷ややかさをこんなに痛ましく感じたことは無い。
「正社員はいまやエリート」(友人談)。…まさに。。
12/15
2006 Fri
George Michael
「HEEE!! HEEE!! HEEE----!!!」
何処からか失笑やら嘲笑やら顰蹙笑いが聞こえて来ますが。。。
そうよ。公然わいせつ罪に大麻所持の前科持ちでゲイよ。それが何か?

毎年12月になると「ラスト・クリスマス」をエンドレスで流して、
超レアなファンぐっず@WHAM!人形を長年愛おしんで来たウチの母ですら、
「もはや理解できん」と近頃見限った様ですし。。
おかげで「ママぁ買ってぇー」とおねだり出来そうも無い↓(ちっ)。

よーーーーやぁーーーーーーーー………っと出たんだよアルバムが。


またベスト盤かよ!!!!


働けよ!!!!!※!!※!!※!!


プラス+新曲4曲で¥よんせんえん、だとぉ~??
真に厳しい親心を持ったファンなら不買運動を起こすべきなんでしょうが、
そこは大甘なワタシ。「買って保釈金の足しになるなら」←(バカ極まれり)
……なんて以前ほど暴走しない程度には成長しました(-_-)v

「私は彼を理解しようとすることを諦めました」

かつて某選手の大御所ファンがそう云ったそうな。
「理解したい」と願いコミュニケートしようと努力する人を、
「傲慢」だと切り捨てることを、私自身は潔しとしませんが、
でもどんな関係であれ家族であれ、人を理解できる、私は理解していると、
思って人と接するのも何処か無神経だと思う(自戒もこめて)。

どんな理解不能&大顰蹙な愚行を重ねても、、、
確かなのは、彼の曲や声に癒されている自分が、いま此処に存在しているということ。

時々ね、完全に守られた場所で、ベッドでの子守唄をねだるように、
無性に彼の歌声が聴きたくて仕方が無くなるんですよ。
ベルベッドでなくサテンのシーツのような曇りの無いトーン。
熱い体温が伝わって来る息遣い…といっても、
最近大安売りのエロではなく、正しくセクシー。

歌が上手い人で(ヘタウマでも)好きな Singer は数多いるけど、
その中でも、「歌声が好き」と今も昔もハッキリ言えるのは、
私にとっては、George Michael その人ただ一人。
間違いなく天才。二十世紀最高峰のメロディメーカーのひとり。

WHAM!時代で一番好きなのは、「Everything She Wants」。
「Wake Me Up Before You GO-GO」は体育祭のチアで踊った曲(未だに踊れるぞ)。
ソロになってからは「Father Figure」に「Kissing a Fool」。
アルバムで言えば「OLDER」。 「I want your xxx」だって大好きさ!!
そして最近やたらヘヴィ・ローテーションなのが、「Careless Whisper」。
ヒロミ郷とかヒデキも混ざって、ほとんど「懐かしの昭和ムード歌謡」の趣ですが、

いやでもやはり名曲だよこれは(涙)。


今回のベスト盤 『TWENTY-FIVE』 を冠にしたツアーが始まっていて、
17日のウェンブリー・アリーナでの最終公演は、アンドリューが加わって
WHAM!復活との噂があるけど、案の定噂で終わる気配(笑)。
もしやるなら、相棒よりも私はペプシ&シャーリーが観たいし(爆)。

こちらは8年前のベスト盤「Ladies and Gentleman」。
george
12/03
2006 Sun
Fly Me To the NAGANO
現地で緊張感に耐えた皆さま、御苦労様でした(笑)。
大輔ファンの皆様には、スバラシイ演技と、
あとキスクラから優勝大ちゃんの、
「最後まで助けてくれてありがとう」
とファン冥利に尽きるお土産がもらえましたね(^^)。

>大輔ファンのTさま
今度こそ周囲もべろんべろんに褒めてくれるでしょう!!
>M嬢
さぁどうぞ 浴びるほど呑んで♪呑んで♪呑みまくって♪♪

日本にとって語り継がれる名試合になりましたねー。
テレ朝もNHK杯だけは手が出せないもんな(へへん)。
五十嵐氏の不在は寂しい限りですが、本田くんも的確な解説でした。
刈屋アナのソフトな斬り込みインタもナイスタイミングな実況も◎。
来年からまたGPシリーズを全部NHKの手に奪還希望!!!!!

クワドに3Aコンボの争いに加えて、スピンもステップどれも重要。
ヤグvsプルの二強時代の再来が(((日本男子に)))起こるとは~~@@@
数年前から全日本は世界のどこよりも高レベルな試合と化していたけれど、
ISU国際試合が前哨戦になるとはねーー……(@@;;;;
しかも男子で…(←クドい)。

バンクーバーまでまだ時間もあるし、
選手各人それぞれに壁も幾重に現われると思うけれど。
でも真央ちゃんの成長過程のように、
毎年凄まじくスピーディに展開していきそうな…。
西日本でもそれがビックリだったんだよね~@
試合が選手を強くする、ってこういうことなんだなぁ。

大ちゃんのクワド復活とやれば出来るんだよの完全演技、
織田ちゃんのフリー衣装チェンジと強気安定の完全演技、
小塚くんの恋心がちゃんと伝わってきて(慶び)、
尚且つ持てる力全部出せた完全演技&理解ある評点。

どれも嬉しーーーーーーーーーーー(^o^)!!

特にこづくんのエリック杯での なんだありゃ※評価は、
ジャッジに宣伝ロビー活動しようかと思ったくらいさ(苦笑)。
時間かからず二戦目で早々周知徹底できてホント良かった。

ついでに女子。
真央ちゃんの「ノクターン」のコンボが柔らかな衝撃。
すぐりんの熱帯性高気圧がテレビを越えて伝わった。
ゆかりちゃん、もったいなかったけどこれも経験。

ホントすげーなJAPAN(コーフン)。

あと嬉しいコト聞いちゃったー。
セキメグムくんがプロスケーターとして復活&挑戦(^^)!
「アメリカやヨーロッパのショウで滑る予定」とのことで、
メグファンの皆さんも益々意気盛んに応援続行ですねー。
勝山ミニショーもホント素敵でしたものー(^-^)すっごく嬉しいです。

プロスケーターの世界でも「勤勉でデキるJAPAN」が、
大いに腕(足?)を振るう場があるといいんだけどなあぁ。
copylight © Eternal Sunshine. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。