気晴らし書き散らし。
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11/16
2006 Thu
Let's PLAY!
↑というタイトルなんですけど実際は疲れ果てております…(+_+)。。。
春からずっと週休1日で、
その1日遊びに行ってしまうものですから(自業自得)。

◆最近買ったチケット→「コンタクト」(1月劇団四季)
最近CMでねー劇中曲が流れて来るんですよー↓♪
ワタシの英国のおじさま@Robert Palmer氏の「♪Simply Irresistible」
おじさま亡くなってから3年になるのね…。
「コンタクト」まだ同行者決まってません~興味がある方連絡下さい(^^)/

◆今週買うチケット→「フール・フォア・ラブ」(2月パルコ劇場)。
映画版:サム・シェパード、キム・ベイシンガー
米国劇場版:エド・ハリス、ジュリエット・ルイス
日本劇場版:香川照之、寺島しのぶ。 (演出家はびみょー…)
ぐぉーーー@@@ 絶対ぜぇったい買うぞっっっ!!!
実は映画版は未見でして。エドコレ(エド・ハリス・コレクション笑)で持っちゃいるんだけど。
そしてN.Y.でエド・ハリスの生芝居を観ることが夢なのです~。

◆プレオーダー始まってる~。→「グッドラック・ハリウッド」(3月紀伊国屋サザンシアター)
ワタシの日本のおじさま♪

◆チラシが素敵!!!→「元禄忠臣蔵【第三部】」。
母は無事に電話繋がって最前列げっと出来たとか。首痛くなりそー。

◆先週観た芝居→「LOVE30」(パルコ劇場)
ポップコーンみたいに軽~いラブコメ3本立て。
水野美紀&山寺宏一…「スパイス・イン・ザ・バスケット」(三島ゆき作)
真中 瞳&片桐 仁…「結婚相談所」(サタケミキオ作)
YOU&生瀬勝久…「兄への伝言」(蓬莱竜太作)

真中瞳嬢は、映画でもなかなか良い女優さんだと思いましたが、
近頃舞台づいていて(昨年のマメット脚本モノ観たかった(>_<)、
舞台俳優としての身体を徐々に獲得しつつありますね~楽しみだ。
真中嬢の弾けっぷりがホント鮮やかだったせいもあって、
水野美紀嬢の印象が全体的に暗くて…生彩無かったなぁ。

三作品の中では「兄への伝言」に舌巻いちゃいました(@_@)
すげーな蓬莱竜太氏。隠しようも無い才能とはこういうもの。
赤丸急上昇の大注目脚本家です。 ポスト三谷幸喜かも。
彼が座付作家してるという劇団「モダンスイマーズ」もいずれ観なきゃだわ。
イキの良い劇作家に出会えただけで観に行った甲斐があったってもんよ~。

生瀬さんが上手いのは観る前からわかってるけど、
YOUも上手いんだよね~~。あ、「誰も知らない」でも良かったわ。
間合いの取り方、声のトーンの変え方、呆れるほど自然天然。
ただし舞台(&映画)女優じゃなくてどこまでもYOUなんだけど(笑)。

YOU演じる女性の夫の通夜に、死んだ男の兄の生瀬さんがやって来る。
二人は幼馴染でもあって、実は男は女のことが昔から好きで…。
その二人に弟が遺言を遺した。→「とんかつ とりかえた」
意味がわからず顔を見合わせる二人。
じきに兄は弟と昔交わした‘賭け’を思い出して…。

雨の深夜、二人喪服姿で訥訥と他愛ない会話を続ける前半は、
夏目漱石の作中世界みたいですご~く好き~~(^^)。
YOUは漱石作品の「無意識の偽善者」の女性まんまイケるし、
これが「弟の嫁」じゃなくて「嫂(あによめ)」だったら、
漱石の「行人」の世界だわよ~♪♪←誰か企画してください(笑)。
スポンサーサイト
copylight © Eternal Sunshine. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。