気晴らし書き散らし。
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09/18
2006 Mon
スケート教室に行ってきた
スケート靴抱えて、朝の通勤列車に久しぶりに乗り込む。
ほんっっっっと嫌い。生理的に全っ然ダメ満員電車。気分悪。
マトモに (((ヒト密度))) を意識に取り込むとパニック障害起きそうなので、
学生時代と同じく本に完全埋没することでヤワな自意識を飛ばす。
この日の往復で読めちゃった↓「優しいサヨクのための嬉遊曲」。
島田雅彦22歳、文壇デビュー作。
sayoku


平日の午前中に遊べる「アヤシゲな社会人」サンプルその1(笑)として、
立教大学スケート部主催のスケート教室に参加しました。
カッコイイ男子大学生に手取り足取り教えてもらうのよ~♪
というオバサンのヨコシマな企みの行方は如何に。

明治神宮で滑るの初めてでチョット緊張。
それよか滑ること自体が2月のセキメグム教室以来でカナリ緊張。
受付で名前を告げるとイキナリ「初級をお持ちなんですよね」と、
本人も忘れていた事実を突きつけられてぎょぎょぎょっっっ(@@;)
どどど、ど緊張ーー!!

今回お誘いして頂いたM様(感謝ですm_ _m)の案内で、
ロッカーまで歩いていく最中、鳥居兄弟さまとすれ違った気がする。
でも、どっちが兄でどっちが弟かわからん(爆)。
M様に解答を求めたら速攻で答えてくれました。さすがです。

兄・鳥居直史主将は、
リンクを縦横に走り回りながら参加者全体の様子をよく見ていらして、
部員に適切な指示や、参加者に注意を促していらっしゃいました。
頼もしいですね~。…と、ぽわわ~んと見惚れているうちに徐々に、、、
「こ、これは真剣にスケート教室する気だ!!!!」<今更。
ヨコシマなこと考えてたら絶対転ぶぞ(汗)と嫌でも真剣モードON!!

初級持ちということで振り分けられた「滑れるヒトのコース」は、
蓋を開けてみたら皆さん、「結構滑れるヒト」ですよ?→ポーラさんにSさん。
ワタシ絶っっ対ついて行けないですからーーーーーっっ。
というわけで一番後ろをヨタヨタと尾行するスパイダーマンが一人(苦笑)。
んも最初の5分で<<<<<ぜぇーぜぇーぜぇー>>>>>
筋肉ぷるぷる既に涙目(爆)。用意して下さった練習メニューはてんこ盛りだというのに。

それはそれは美しき女子学生さんにクロスのポーズをちょっと直してもらうだけで、
あら不思議。なんと楽に滑れることか(^^)。
「もうちょっと両足にバランスよく乗れますか?」 ぐ。弱点バレてる(^^;。。
ちょっとしたアドバイスですごーく滑りやすくなるんだなぁ。これが。
いやホント予想以上に「ちゃんとしたスケート教室」になっていて勉強になりましたよ。

イナ・バウワーも初めてやってみたりして。
ぐ、、ぐわぁぁぁぁ……一体私は何をやりたいのでしょうか~~~~っっ☆
「最初にこう左足を伸ばしてですねぇ…」
と私のスケート史において最初にイナ・バウワーを個人指導したのは鳥居主将、
ということで永久保存されました♪ その後、Sさんティストが入って(笑)、
「なんかイナ・バウワー?」みたいなのが1回だけ(笑)出来ましたゞ
あと自由滑走のときに「なんかタンゴ?」も経験出来たのも嬉しかった♪

立教大生のエキシビション披露もありました。
女子学生お二人はショートかな?鳥居主将は「オペラ座の怪人」。
さきほどお手本で魅せてくれた長~~~いイーグルとイナ・バウワーで、
ぐわしっっっと観客の心を掴めるステキな構成。
4月に膝の手術をしたばかりということでリハビリしながらの練習はいろいろ大変でしょう。
でも1年ぶりのファントムは、昨年よりエモーショナルでパワフルでした(^^)。

立教スケート部の今季の活躍が楽しみになってきましたよ~。
皆さん、大変お世話になりました&頑張って下さいね。
スポンサーサイト
copylight © Eternal Sunshine. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。